お金ごとき、とっとと稼いでみる? >>

タナカミノルのハローウェルスを1年実践した結果を全て話そうと思う

商材レビュー

こんにちは、なかむら紫門です。
(※顔写真付きプロフィールはこちら

富の周波数は「テンポ」だと思います。

 

僕が勝手に師匠と仰いでいる先輩の一人に「タナカミノル(ジッパー。)」さんという方がいます。

 

彼の有料プログラムを2年ほど学び続けていますが、「お金稼ぎ」の領域でとくに影響の強い教材の一つが「ハローウェルス(Hello Wealth)」です。

 

この記事では、

 

ハローウェルスを聴いているけど、まだ何もできてないな。他の人はどうやって活用してるんだろう?タナカミノルさんについてもぜひ知りたい!

 

こういった方に向けて、ハローウェルスを約1年実践してきた結果や体験談をシェアしつつ、実践方法を詳しく解説します。

 

ちなみに、2019年5月にハローウェルスを聴き始めてから1年で起こった変化をまとめると、以下です。

 

・商品を一切作らず、他人に協力してもらいネットビジネス月収30万円

・毎月の東京出張ホテル代がタダに

・中小企業の社長さんから事業相談に乗る

・初対面の女性と出会って5分でホテルに

・過去お世話になった先輩とアフィリエイト事業を開始

・都内の住居が実質タダで住めるようになった

 

上記の全ての「時間」の使い方や「人間関係」の土台にタナカミノルさんのプログラムの教えがあり、その一つが『ハローウェルス』というイメージです。

 

また、タナカミノルさんとは一度オンラインでコーチングセッションを受けたことがあります。
その時の雰囲気もまとめていこうと思います。

 

では、前置きはこのくらいにして、早速本題にいきましょう。

 

そもそも、ハローウェルス(Hello Wealth)って?タナカミノルさんってどんな人?

まず、タナカミノルさんの「ハローウェルス(Hello Wealth)」をレビューする経緯から。

 

はっきり言って、神プログラムです。
僕がレビューするのも、おこがましいくらい。

 

先日、ネットビジネスの師匠である「山口祐樹」さんのオフ会に参加してきた時のことですが(山口さんはタナカミノルさんと一緒に暮らしたりする仲です)、

 

 

当時、レビューする教材の選定に迷っていたんですよね。
すると山口さんから、こんなアドバイスを頂きました。

 

ビジネス系ブログだからと言って、ビジネス系教材に限定する必要ないです。

なかむらさんが稼げるようになった理由の中に、その教材、人、サービスがあるのであれば、業界問わず、濃い体験談を交えてレビューしていいんですよ。

そうすれば、なかむらさんにしか書けない文章、ブログになりますから。

 

上記の言葉をきっかけに、ハローウェルスをレビューすることを決めたのです。

 

ついに、この教材をレビューできる日が・・・!

 

という興奮や感慨深いもの感じながら、この記事を書いています。

 

タナカミノルさんのハローウェルスを知らない方に向けて言うと、ハローウェルスは、いわゆるお金稼ぎ系の教材ではありません。

 

一言で言うと、

「富づくり」をサポートするオーディオプログラム

で、全20話で構成されています。

【ハローウェルスの構成】

・富づくりに直接関係する12話の音声

・音声に対するフォローアップメール

・間接的に人生全体に大きく影響する13話以降(YouTubeライブあり)

 

後ほど、もう少し詳しく書きます。

 

「富」ってなんなの?

 

富とは、「自分のリクエストに応えてもらえるパワーの相対性」。例えば、あなたが引越しをする際に引越し業者を使わないとします。代わりに友人や家族に「引越しで荷物を運ぶのを手伝ってくれ」とリクエストしたときにOKが貰えれば、その人との関係性において「富」が蓄積されています。反対にNOと言われれば、「富」が蓄積されていないということです。【人脈】や【信頼】とも言えますが、【お金】そのものではありません。

 

もともとハローウェルスは、「ウェルスダイナミクス」で有名な日本適正力学協会とタナカミノルさんがタイアップして制作されたプログラムなのです。

 

それまで、ウェルスダイナミクスの存在を知りませんでした。

 

またハローウェルスを知ったきっかけは、一緒にタナカミノルさんから学んでいる仲間からの紹介でした。

 

 

ハローウェルスのプロモーションをワクワクしながら待ってたんですが・・・

 

「700円」かよ!

 

と安すぎるプログラム料金に耳を疑いました。

 

とはいえ、「富=札束とハーレム」みたいなイメージを持っていた僕も即ポチりました。多分、3万円でも買ってたと思います。

 

ハローウェルスって、具体的に何が学べるの?

 

富づくりをサポートするって言っても、まだ抽象的過ぎてプログラムの内容がイマイチ掴めないな・・。

 

という人もいるかもしれません。

 

個人的には、「お金を使う以外の方法でニーズを満たす方法」だと思ってます。

 

  • 健康的な肉体
  • 新鮮な食事
  • 安心安全な住まい
  • 魅力的な異性のパートナー
  • スキル

 

上記の項目を「お金」を経由せずに直接交換で手に入れるスキル
と言い換えれるかなと。

 

ハローウェルスでは、「富づくり」という内容を下記のあらゆる項目に触れながら解説しています。

 

✔︎ お金(資産構築)
✔︎ ビジネス、仕事(キャリア)
✔︎ 健康
✔︎ 家族、パートナー
✔︎ 人間関係
✔︎ 学び、自己啓発
✔︎ 遊び
✔︎ ライフスタイル
✔︎ 物欲、持ち物
✔︎ 貢献
✔︎ 精神世界
✔︎ 心、セルフイメージ
✔︎ 時間

 

要するにですね、上記すべてを「富づくり」で捉えて攻略できるイメージです。なので、人生が自然と満たされていきます。

 

なぜ、自然と満たされるのか?

 

それは、タナカミノルさんのメルマガに答えがあります。

↓↓↓

HelloWealthの先行モニター参加者1707名の声で
一番多いのは、これらの「学習の障害」を越えられたという喜びす。

もちろん、内容は私がこれまで10年間以上に渡って
50万円以上(最も高額なクラスは200万円以上)の講座で
1000人以上の受講者の方々に伝え、主にお金稼ぎの領域で
結果を出してきたものです。

なので、内容が役に立つのは実証済みなのですが、
なによりまず「学習への取り組み態度」の個人差があると、
望む結果に辿り着く前に力尽きてしまうという問題もありました。

 

「ビジネス」や「お金稼ぎ」なんて言うのは、富づくりの成功体験の一部でしかないんですよね。

 

実は、ハローウェルスを聴くことで「がっぽり儲かるビジネスアイデアがひらめく」とかではなく、単にビジネス系や恋愛系などの教材に「取り組む姿勢が変わった」のです。

 

その結果、僕の場合は、自然とお金稼ぎに集中できました。

 

プロフィールでも書きましたが、土台があれば、ひと月で60万稼ぐことも可能です。

 

逆に言えば、ほとんどの人は「ザルで水をすくう」状態です。
そこから変えていくだけです。というか、気づけば、変わってしまいます。

 

また、有名なマズローの五段階欲求説というものがあります。

 

①生理的欲求
②安全欲求
③親和欲求
④承認欲求
⑤自己実現欲求

 

すでに知っている人も多いと思うので、詳しい説明は省きます。

 

「お金を使わずにニーズを満たす力」がついてくると、マズローでいう全ての欲求をクリアできます。
僕もまだまだ道のり半ばなので、引き続き挑戦します。

 

さて、ハローウェルスのプログラムの中身に少し迫ります。
富づくりに直接関係する12話の音声タイトルは以下の通り。

 

 

タイトルだけ読んでも「なんのこっちゃ」という感じですよね。

 

ハローウェルスでは、メインパーソナリティのタナカミノルさんが毎回ゲストを呼んで、トークを繰り広げる対談ラジオみたいなものです。

 

いまこの文章を書いていますが、ハローウェルスを流し「ながら」書いてます。

 

最近では、YouTubeで一般公開しているコンテンツもあります。

 

 

ちなみに、ハローウェルス全12話の先行モニター募集は終わっているので、いまは新規で買えません。
どうしても気になる方は、YouTubeライブがオススメです。

 

過去12話の内容にも触れながら「コミュニケーション」というテーマで解説されています。

 

個人的に、

 

ビジネスも人間関係も突き詰めていくと「コミュニケーションの質」が全てだな

 

と感じます。その気づきも、タナカミノルさんのメルマガや有料プログラムで理解を深めることができました。

 

その結果、本記事の冒頭のような、起業後に自分ひとりで全部やらなくても月収30万、お金を使わずとも寝泊りできる場所を手に入れるなど、成功体験を蓄積できたのです。

 

で、タナカミノルさんについて詳しく教えて!

この記事をご覧になっている人は、ハローウェルスだけでなく「タナカミノル」さんについても興味があると思います。

 

ぶっちゃけ僕より詳しく、関係の深い方がすでに「タナカミノルさんについての記事」を書いているので、そちらを参考にした方がいいと思います(笑)

 

僕の師匠、山口祐樹さんのブログ記事です。
本記事では、僕とタナカミノルさんならではの関係と体験談をシェアしようかなと。

 

僕の場合、タナカミノルさんは、副業を始める前から知っていました。
無料メルマガやブログも毎日読んでるレベルです。

 

大袈裟ではなく、今の僕があるのは、タナカミノルさんのおかげと言っても過言ではありません。

 

2020年2月頃に一度、ハローウェルスとは別の有料プログラムでオンライン上のコーチングセッションに参加しました。

 

以下の写真は、セッションに参加した翌日に送ったお礼のメールです。
証拠として載せますが、内容はハローウェルスとは関係ないので読まなくて大丈夫です。

 

 

タナカさんのコーチングセッションでは、以下のようなやり取りをしました。
(一部内容を省略しています)

 

なかむら「最近、情熱を持ってることは『コミュニティリーダーや影響力の大きい人たちとより深く関わっていくこと』です。」

タナカミノル「なんでそれがしたいんですか?」

なかむら「…えーっと、タナカさんのメルマガを読んでいて、◯◯という文章を見て、すごく羨ましいなっていう感情が湧き上がったんです。自分もどうすれば、そういう関係が持てるのかなと思いまして。」

(中略)

タナカミノル「正面玄関から行くとキツイですよ。僕の場合、ボランティアとかに参加していた頃、社長さんやそういったパワーのある人たちとつながる機会がありましたから、裏口入学みたいな感じでお呼ばれされたりしましたね。」

タナカミノル「いずれにせよ、なかむらさん自身が”明確な目的”を持ってコミュニケーションを取った方がいいです。」

 

と言われて、

 

うわー…たしかに、せっかくオンラインコミュニティに入っても、何の目的も持たないままコミュニケーションを取ってたら、今までと同じだな。

 

と思いました。それから、以下のヒントも頂きました。

 

タナカミノル「最近、気持ち的に上がった瞬間ってどんなときでした?」

なかむら「昨晩、久しぶりに会った友人と会食したときですかね」

タナカミノル「だとすると、なかむらさんが影響力の範囲を広げていくアプローチとして、実際に人と会ったりして会話しながら物事を進めていくと、フローややりがいを感じるかもしれませんね」

 

これを聞いたときには

 

それ、凄い理想的です・・!

 

と、まるでずっと探し続けてきた「宝のありか」を教えてもらったような感覚になったのを覚えています。

 

その後、自分なりに目的を定めて、所属しているコミュニティグループで活動した結果、自分の強みを買ってくれた方の事業にスカウトしてもらえたのです。

 

タナカミノルさん、その節は本当にありがとうございました。

 

余談ですが、タナカミノルさんの犯人捜査のメルマガも、神。【トレーダー思考】

やや余談ですが、タナカミノルさんの「犯人捜査のメルマガ」も好きです。
たぶん、あなたも知っているかもしれません。

 

タナカさんの教えやトレーダー思考について話すと、とても1記事では書ききれないので、機会があれば別記事にしようかなと。

 

ざっくり言うと、あなたの利益を奪っている「犯人」を捕まえようという、メールストーリーです。

 

もともとはFXトレーダー向けに作られた内容ですが、FXをやっていない僕でも理解できますし、会社員や主婦の方なども手にされています。

 

メルマガでは、「犯人」を捕まえるために、いろんな「アイデア」が紹介されています。
ほとんどAmazonで買えて、僕も漏れなく揃えています。

↓↓↓

 

上記の例も、マズローをクリアするためのアイデアです。
メルマガではなく、プログラムで紹介されている物ですね。

 

トランポリン運動は、かれこれ毎月最低でも21日以上はやってますね。アルミホイルは、ちょっと試しにやってみてる程度です。

 

でも、笑ってしまうぐらいぐっすり眠れて、朝起きると元気モリモリになります(笑)

 

気になる方は、タナカミノルさんのメルマガに登録してみてください。

 

タナカミノルさんのハローウェルスをどうやって活用したのか?

ここまでハローウェルスの内容に触れながら、僕とタナカミノルさんについてもお話ししました。

ここからは

 

ハローウェルスの内容を具体的にどう実生活に活かしたの?

 

という話をします。

 

マズローの五段階欲求ごとに、ゴール設定する。

 

先ほどタナカさんとのコーチングセッションで紹介した、

 

タナカミノル「いずれにせよ、なかむらさん自身が”明確な目的”を持ってコミュニケーションを取った方がいいです。」

 

にもあるように、ゴール設定が大事です。理由は2つあります。

 

  • 目的地を設定しない限り「認識と判断」が変わらない。
  • 僕らは「変化量」でしか認識できない。

 

ただ漠然と「稼ぎたい」と思うより、「1年後まで100万円を貯金する」みたいな明確な指標を持つのとでは、見える選択肢も変わりますよね。

 

内容は、「マズローの5段階別欲求」にカテゴリーを分けて、それぞれ「欲しい物」を書き出してみます。

 

僕の場合、ちょっとお高めのノートブックを買って、ふせんに書きました。
ふせんだと、書き間違えても張り直せばいいので気楽です。

 

 

普通の大学ノートよりも、特別なノート、いいですよ。
高級ホテルのラウンジで、3時間ほどワークをしました。

 

参考までに、過去に僕が設定した例だと

 

  • 添加物、精製砂糖などの栄養ではなく、オーガニックな食材で、冷蔵庫をいっぱいにする
  • 災害や戦争時の移住先の居住権
  • 銀行の預金残高が毎月増えていくのを当たり前に感じる
  • 自らの死を惜しまれ、ドキュメンタリー番組を作ってもらえるような最期を迎える

 

こんな感じです。

 

注意ですが、目標を設定しかたらと言って、「達成しなきゃいけない」というプレッシャーを感じることはないです。ぶっちゃけ、達成できなくても問題ありません。

 

なぜなら、目標設定とはあくまで「指標づくり」に過ぎないからですね。

 

目標の売上げを達成できなくても、「達成する能力」は上がります。
そしたら、次は目標の見積もりを修正して、達成すればいいのです。

 

ゴールも大切ですが、プロセスを重視するというイメージです。

 

ただし、きちんとフィードバックができるようにするのがポイント。
具体的に計測できる枠組みで設定します。

 

単に「達成したか?未達成か?」の二軸で評価しても、僕らの認識はかわりません。

 

お金を経由せずに、「欲望」を交換する

 

お金は、現代における便利な交換のツールです。
ですが、お金を中心に考え過ぎると身動きが取れなくなります。

 

お金がなくて◯◯できない・・・

 

と、僕を含め、誰もが「お金の壁」を感じたことはあると思います。

 

しかし、富づくりに集中するためには「お金の壁」を超えなければなりません。

 

僕の場合、以下の4つの質問に答えていきました。

 

・あなたの大切な人は誰?

・その人の幸せはなにか?

・そのために自分ができることは?

・その中で、すぐにできることは?

 

・あなたの大切な人は誰?
→僕の場合、はじめは今のビジネスパートナーでした。

 

プロフィールでも書きましたが、僕は「月10万PV」と「月3万PV」ほどアクセスを集めるブログを運営してました。でも、売る商品がなくて困っていたのです。

 

というか、商品を作るのがめんどくさかった、という表現が正しいかもしれません(笑)ゼロから商品を作ると、商品アイデアやコンセプト、実際に需要があるかをテストしたり、コピーを書いたり…

 

やることはいっぱいあります。時間もかかります。
でも、ビジネスをするには商品が必要です。

 

そんなある日、僕がブログ運営をしているのを知っていた友人から、こんな誘いをもらいました。

 

恋愛系のコンサルをやってるんだけど、集客が大変で。お客さんを紹介してくれない?

 

・その人の幸せはなにか?
→友人の幸せは『自分の商品を買ってくれるお客さんが欲しい』です。

 

・そのために自分ができることはなにか?
→自分のブログで友人のサービスを紹介できる。

 

・その中で、すぐにできることはなにか?
→メルマガに流すために、コピー『だけ』書く。

 

・自分が多く持ってるもの(読者)と少なく持ってるもの(商品)

・相手が少なく持ってるもの(読者)と多く持ってるもの(商品)

 

上記のように、「互いの強み」を交換していくイメージです。
僕がやることも、コピーを1本書くだけなので難しくありません。

 

それだけで、何ヶ月もかかるコンテンツ作りの時間を大幅カットして、「月収30万円」になりました。

 

自分がどんな「交換のカード」を持っているか、棚卸しをしてみることをオススメします。僕の場合、「たくさん読者」や「コピーライティングのスキル」ですね。

繰り返して「富」を蓄積していき、直接交換のスキルを高める

 

ビジネス以外の他の事例もカンタンに紹介しますね。

 

マズローを満たすリクエスト①

・東京に出張した際に泊まれる家が欲しい

 

・あなたの大切な人は誰?
→学生時代の先輩

・その人の幸せはなにか?
→彼女が欲しい(出会いが少ない)

・そのために自分ができることは?
→女性と出会いを増やす方法を教えられる

・その中で、すぐにできることは?
→ナンパができるので、一緒にナンパする

 

その結果、相手の幸せを満たしながら、僕のニーズも満たしていきます。
下記のような交換です。

 

・自分が多く持ってるもの(異性との出会い)と少なく持ってるもの(宿)

・相手が少なく持ってるもの(異性との出会い)と多く持ってるもの(宿)

 

こうして、僕は先輩に喜んでもらいながら、宿代を『タダ』にしてもらいました。
たまにしか行かないので、よく夕飯もご馳走してくれます。

 

要するに、価値と価値の交換ですね。

 

この法則は、かなり重要です。
特にビジネスで成功したい人は、覚えておくといいかもしれません。

 

もう少し詳しく知りたい!という方に向けて、最後に、冒頭でも紹介した山口祐樹さんが「価値と価値と交換」についてツイートした内容をシェアします。

 

 

彼もまた、ハローウェルスの収録に参加しています。「Y氏」という方です。

 

 

タナカミノルさんについての話や、ビジネスにおける「富づくり」をより深いレベルで話しているLINE@なので、ぜひ登録してみてください。

Y氏(山口祐樹)のLINE@はこちら

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

なかむら紫門

 

>>次のページ 「大量のアクセス・記事の毎日更新がなければ稼げない」と
誤解しているあなたへ

12>

コメント